海南新聞韓国関係記事
December 18, 2008
1895(明治28)年1月22日付
雑報●広島特報(一月十九日発) 真鍋俊雄 

東学党征伐
一月十七日午後六時三十分仁川発同日午后八時三十分着電報(掲二百六十七号)

討伐隊長南少佐(※後備歩兵第十九大隊長)より左の報告ありたり 各分進隊(※後備歩兵第十九大隊三個中隊)をして賊を西南隅(※全羅道西南隅)に追撃中なり 尚 長興、庚津、海南にも残賊あり 討伐に着手す キンカイナン、ゼンホウジュン(※東学農民軍指導者、全琫準である)、ソンシブン、ソウブンシュウ等の巨魁は已に縛に就く 尚ほ人民を奨励してこれらの魁賊を捕縛することを勉む 沿道各村落の人民は大に我軍の威徳に感ずるもの丶如し

                              仁川伊東兵站司令官
川上兵站総監