1895(明治28)年1月15日

●広島特報一月十三日発) 真鍋俊雄報

黒岡筑波艦長の報告
○掲第二百六十二号


去る三日 本艦の斥候にて 間諜の嫌疑者として左水営(※麗水)へ携へ返りし東徒鄭撑元(※ていとうげん)を 左水営に於て 去る四日 小官の面前に於て 金節度使は親(※みずか)ら審問せしに 去る一日夜 順天府の東徒より 首領を殺し他府県の東徒を放逐せしに付 右鄭撑元は脱走したるものなりとの事 分明したり 且亦 東徒は 左水営にて日本軍艦の営兵に連合して順天攻撃の計画あるを聞き 驚愕の余り斯くの如く分裂せしならんと 右囚人より陳述せり 依て去る三日本艦斥候に接したる順天光陽より来れる使介の携えたる書面も事実なる事を確認したり 然れども 金節度使より 東徒は是迄王より数回の直喩を下せしも服従せず 今回突然恭順を表すとも軽々しく之を信認し難きを以て 尚本官へ東徒鎮定上助力を請求せり 故に同四日 左水営より河東沖を経て光陽沖へ回航 翌五日曹長より猫島錨地を距(※さ)る事凡二海里の処にある光陽県下浦に本艦分遣隊を上陸せしめ 同浦より偵察を行ひながら光陽城に赴かしむ 且田中海軍少尉に一分隊を指揮せしめ 中途まで送り 本艦と連絡を取らしめたり 反正の吏員及人民は市街に朝鮮楽隊を送り先導をなさしめ城中に招き 一同恭順の意を表し 而て別紙の首級等を実検に供したり (以下略) 過日釜山より順天に向ひたる我一中隊 及左水営より南海県を経て河東府に至り我陸軍に結合したる百人の韓兵は 右同日(五日)午后まで光陽県に達せず 是れ右諸隊は河東府にて蟾江を隔て月浦の東徒と交戦したる為めならんと思考す 新城浦にては 我が陸軍を待居たる李周会が指揮せる五百人余の韓兵も単独にて五日迄順天に行軍したる由 右の如く 順天方向の形勢は一変したるを以て当艦は一先づ竹林浦に回航し 且当釜山に投錨し 鋭意善後の方略計画中に有之候 右謹んで報告す

明治二十八年一月
               朝鮮国釜山港
                     先任艦長
                        筑波艦長黒岡帯刀
大本営



明治廿八年一月五日軍艦筑波は全羅道光陽県沖錨地より光陽県分遣隊を派し 左の東学党首級及死体を実検せしめたり

嶺湖大接主(即慶尚全羅両道一都統領)  
            金州付近 金溝人 金仁倍(※さきに「金ジンバイ」とあった人物)
嶺湖首接主(即慶尚全羅統領)
            順天人    △夏徳
 右二人は梟首しありたり

光陽県鳳岡接主   朴興西
 其他四十名は砲殺しありたり
順天府臆底接主   金△哥
 其他四人は捕縛しありたり