海南新聞
1894(明治27)年
12月01日
老馬新聞

1895(明治27)年12月01日

●広島特報 十一月廿九日発 真鍋俊雄報


東学党の消息


掲第二百十二号
電報 十一月廿八日午后七時仁川発
    仝           七時四十分釜山発
    仝           十一時発着

三路分進隊(※中心は後備歩兵第十九大隊663名)より今日迄到達したる情報左の如し
十一月廿三日 清風発
東路分進隊長の報に 賊 栄川に集合の確報に接するを以て 京城より派遣の一中隊と共に此賊を撃たんとするに 賊は江原道寧越(※江原道の南端)地方に逃走したるの報に接するを以て 此中隊と協議 事に従ふべしとあり 其後報知なし

十一月廿四日発 在清州
南少佐(※後備歩兵第十九大隊長)の報に賊は青山(※大田東、白華山西)・文義(※清州南)路上の各地にあるよし 又此隊は二小隊よりなる支隊を揚州金山鎮山を経て清州に到らしめ 本部(※後備歩兵第十九大隊本部)と残余の隊西道分進隊と合するの見込みなりとの報あり 

又文義発同少佐の報に廿三日文義の賊を撃攘(うちはら)ひ賊の根拠地至明楼を衝き 賊七名を斃(たお)し 七名を生擒とす 賊は西南の方位に退却せり
 

至明楼の賊は一万余なりと 又公州付近には二三万集合 内支那兵四五十人ある由なりと 此隊は 廿五日燕岐(※清州西) 廿六日公州に於て西道分進隊と合する予定なりとの報あり
                           仁川伊藤兵站司令官
川上兵站総監