海南新聞
1894(明治27)年
11月30日
老馬新聞

1895(明治27)年11月30日

●広島特報 十一月廿八日発


東学鎮圧の消息


二十七日午前十時五分漁隠洞発釜山を経て仝日午后三時広島着の大本営掲示左の如し

去る廿四日報告せし黄海道載寧地方の賊を針圧するため 黄州より半小隊 鳳山、剣水より半小隊派遣を命じ 何れも二十五日出発せり 又更に海州より平山方向に賊襲来する報あり 之に対し葱莠(そうゆう)、金州守備兵より別に一部隊を派遣せり 未だ何れも確報を得ざれども 俗は東学党の一類なりと認む 依て竜山守備兵の内一部隊を北部兵站線路に進め 便宜所在の賊を討伐すべきことを昨夜命じたり 又昨夜 小川第一軍参謀長及平壌の加藤参謀長△応援として歩兵約百名派遣のことを申越せり 此兵は今朝載寧方向に出発する筈なり                                                    漁隠洞 福原兵站監
川上兵站総監


其二
廿七日午后二時三十五分釜山発にて仝日午后六時広島着の大本営掲示左の如し

河東府地方に派遣の中隊は今日釜山に帰る ○該地方の東学党は全羅道の順天府方位に退散す ○朝鮮兵は晋州に百人 河東に百人を置き守備せしむ ○目下暴徒の状態は我兵を見れば忽ち遁走するに至れり

                                           釜山今橋兵站司令官
川上兵站総監


其三
二十七日午後八時五十五分仁川発釜山を経て同日午后十時十五分広島着台本営掲示左の如し

東学党鎮圧韓兵応援として十月十七日忠清道に派遣したる二小隊 本月四日別に派遣したる飯森少佐並びの其部下小隊 
第十九大隊と交代し昨廿六日迄に悉皆竜山に帰着せり ○載寧付近の暴民 平山方位にあらわれたりとの報に依 福原少将より竜山守備隊一小隊を兵站路黄州の方位に派遣の命令あり
                                               仁川伊藤司令官
川上兵站総監


其四
二十七日午前十一時三十分釜山発にて同日午后零時十分広島着台本営掲示左の如し

晋州地方に在りし東学党の首領「キンショウケイ」は朝鮮官吏の手にて殺戮したり 我兵にて生擒し得ざりしは遺憾なり
                                             釜山今橋兵站司令官
川上兵站総監