海南新聞
1894(明治27)年
10月16日
老馬新聞

1895(明治27)年10月16日

●東学党の鎮定

 九日午后八時仁川発 洛東付近兵站司令長官の報告に曰く 安東 醴泉 辺の東学党鎮静したり 豊基 丹陽 報恩 辺は東学党の本拠地にして 牙山清兵数十名加はり居りたり 依て 昨今付近兵站部より 憲兵隊を派遣中なり 先日来報恩地方にて 支那人十二名を捕縛し仁川に向け護送中なり

●東学党鎮定と我軍隊の決心

在朝鮮の我が兵は同国の
東学党を鎮定する事に関し極端なる強硬手段を執るべしとの風説頻りなり