08年10月29日 水曜日
海南新聞
1894(明治27)年
6月29日
老馬新聞

愛媛県歴史文化博物館編『歩兵第22連隊と日清戦争 年表』より引用

1894(明治27)年
2月 韓国で甲午農民戦争起こる
6月9日 清国軍牙山に上陸
6月10日 全州和約・東軍撤退 (武田幸男 『新版 世界各国史2 朝鮮史』 山川出版社、2000年、242頁。ISBN 978-4634413207。「農民軍は全州を包囲した政府軍と激戦を展開していたが、清日両国軍出兵の報を聞いて、六月十日、政府側と「全州和約」を結んで全州を撤退した。」)
6月12日 第5師団大島混成旅団 仁川上陸
6月中旬 大島旅団京城に集中 清国主力平壌に集中
6月10日  武田幸男 『新版 世界各国史2 朝鮮史』 山川出版社、2000年、242頁。ISBN 978-4634413207。「農民軍は全州を包囲した政府軍と激戦を展開していたが、清日両国軍出兵の報を聞いて、六月十日、政府側と「全州和約」を結んで全州を撤退した。」
6月13日 第10旅団動員下令(第22連隊富岡三造大佐)

7月25日 豊島沖で日本海軍、清国海軍を破る 
8月15日 第22連隊第二大隊京城着
8月23日 第22連隊第一大隊、第三大隊竜山で第二大隊と合流


1894(明治27)年6月29日


雑報 



●風雲急、危機迫る
鶏林の風雲愈々急に 危機正に一髪間に迫り来る 今日最早朝鮮の内覧に非ざる也、東学党の暴動に非ざる也、御世や 左の特報を、日清の兵は旗鼓堂々 相対せんとし、英国亦巨文島に拠って之を窺ひ、露国既に一千の貔貅(ひきゅう)を出だす 雲脚の急 此に至る 是豈に東洋の局面一変す可きの時にあらずや 既に此の時に際す、一衣帯水の我国民たる者、安んぞ奮起する所なくして可ならん耶(や)
模様に
▲釜山及仁川特報
本月十八日釜山発の特報に曰く「本日午後三時肥後丸にて陸兵○○余名到着す云々(しかじか)」 肥後丸は少なくとも二千名の人員を搭載するに足る船なりと聞く 又十七日午後六時発にて或る方へ達したる電報に曰く「唯今○○団の兵仁川に到着す」

▲派遣兵の総数
東学党鎮圧の目的を以て派兵したる清国は今や其目的を一変して、筋違ひの或る国に向かひ、愈々其鈍鋒を振はんと決意し、既に開戦の準備を整へ総数一万三千有余の大軍を朝鮮に派遣せんとす、而して我国は去る二十一日の御前会議に於て、愈々最後の決心を可ためしに就ては、亦夫れ相応の準備を為さざる可からず、聞く処に因れば我国より韓地に派遣すべき兵士は、前後合せて○○○○人となし、又時の因りては更に○○○○人を送り出すことを過△せざる可しと云ふ

▲朝鮮政府の苦計 (本文省略)
▲官兵無残に良民を殺す (全州城での良民虐殺に関する記事 本文省略)

雑報
●日清両国兵の戦備(本文省略)
●朝鮮国王平壌に在り(朝鮮国王は支那兵に擁護せられて平壌に在り 本文省略)
●愛媛義勇団の計画
松山市の某々等は此頃朝鮮事件に就いて深く感慨するところあり 愛媛義勇団なるものを組織せんとて目下奔走中なり 而して若し必要起こるの場合は他に率先して勇往奮迅 日本男児の真面目を海外に発揚せんとするを以て 其目的とするなりと 何等の快事ぞ