2008年3月18日
海南新聞
1895(明治28)年
3月(5230号)日
老馬新聞

1895(明治28)年3月日
●東徒に関する報告
左は三月十二日午后六時二十分仁川発、同日午后十時着の公報にして前日の電報欄内其大要を記せしものなり

去る七日の報告に依れば 三日黄州より東党偵察のため派遣したる韓兵百三十名は 鳳山(※海州北)の韓兵百五十と協力し 四日銀波(※海州北)付近の賊二百余名を撃退し 武器米穀を分捕せり 目下東党の巣窟は九月山(※954m)及銀波の南七里なるチョジサン(※長寿山747mか)ならんと

去る十一日の報告に依れば 安岳及び長連より漁隠洞に到りたる兵卒及び官吏の言と対照せば 九月山に集合せる東党は一千名内外ならん 尚ほ状況を確かめたる上臨機の処置をなすべき旨熊谷中佐より報告ありたり

仁川 高井兵站監