海南新聞韓国関係記事
2009年1月27日 火曜日
1909(明治42)年4月9日付海南新聞

●漁権獲得の競争 本県より渡韓せる某氏の私信によれば勧告漁業法実施に関する漁権の獲得 及 移住根拠地経営に関する準備は 或ひは理事庁と打合せ 或ひは根拠地の視察を為し居れるが 仝国農商工部に於ても未だ漁業免許の方針定らず随て出願及地所選定の如きも各府県の意に任ずる有様なるを以て 各府県より多数の官吏、水産団体員等渡韓して 測量、願書調達等に競争を為し 恰かも前年内地にて漁業実施の当時の如く騒ぎ居れり 今や仝国沿岸は各府県渡韓者の混戦地と変じ 就中大仕掛の行動を為すものは 山口、長崎、佐賀、福岡の諸県にして 山口県は之が運動費に数万円を投ぜんと企画せりと 尚本県よりの渡韓者は十二日の予定なりといふ

●韓国漁業出願 越智郡魚島村魚島信用組合理事 森善作氏は韓国に於ける漁業出願に関し八日県庁に出頭せり