でぃぐ開花定点観測

沖縄の県花・ディーグの開花が今年は遅いそうです。
葉っぱを落として、その後開花するのだそうですが
まだ濃い緑の葉を装っています。
登校途中の墓地にちょうど手ごろなディーグの樹がありますので
これで定点観測することにしましょう。

 きゃー赤面の至りですう。先日、国際通り「まるみかなー」のマスター小浜司さんにディグの定点観測の話をしたら「ディグの花はとっくに終わってるよ」とのこと。なんということだ。このまま続けたら来年まで定点観測するところだった。

「琉球新報」4/7付に

「うりずんの季節到来を告げるデイゴの花が咲き出した。好天に恵まれた6日、那覇市若狭公園では鮮やかな朱色の花が青空に映え、隣のグラウンドでは子どもたちが草野球に興じていた。
 沖縄気象台の生物季節観測によると、今年のデイゴ開花は4月5日。「昨年の3月19日に比べちょっと遅い」という。ちなみに平年値は3月28日。日を重ねるごとに気温も上昇し、季節は初夏へと向かう。」
という記事がありました。

じゃまた来年、トホホ。





2003年5月5日
まだつぼみはない。






2003年5月16日
黄色い葉っぱがちょっと見えるようになったかなあ



下からものぞくことにしましょう




2003年5月27日

すばらしい天気です。あまり変化がありませんが…



左上部分の葉っぱがかなり減ってきています。