<


  1999年10月13日(水曜日) 曇り
在日韓国人の地方参政権、実現近し

韓国で在韓国外国人の地方参政権について画期的な展開が始まっています。 朗報です。

[zainichi]MLでの半月城さんの書きこみから一部転載します。

 ちなみに韓国ですが、最近、在日韓国人の地方自治権要求運動を支援する 目的もあって、在韓外国人の地方自治選挙権を検討し始めました(注)。これ により日本は相互主義を理由に実施を引き延ばすのは困難になることでしょう。
(注)民団新聞、1999.9.22

「在韓外国人にも地方参政権付与」

 韓国の金杞載・行政自治副長官は8日に行われた記者会見で、韓国に5年 以上居住している外国人に、地方参政権を与える方針であることを明らかにし た。

 現在、行政自治部、外交通商部、法務部、中央選挙管理委員会などの関連 部処間協議に入っているという。

 これによって、2002年に実施される次期地方自治体選挙(第3期)か ら在韓外国人に地方選挙権が与えられることになる

 在韓外国人が選挙権を行使するためには、各世帯が所得に関係なく、

韓国人 と同様の住民税納税の義務
が課せられる。ただ、今回付与されるのはひとまず投票権だけ。

 これによって、民団が「永住韓国人に地域住民としての権利である地方自 治体参政権の付与を」と全組織を挙げて展開している「地方参政権獲得運動」 で、日本の一部から声が出ている「相互主義論」に完全に対応した形となり、 同運動の進展に大きな影響を及ぼすのは確実だ。

  http://www.han.org/a/half-moon/  (半月城通信)


もどる