<


  1999年10月1日(金曜日) 秋晴れ
100円の意味は?

 ある私立高校で起きた不当労働行為についての地労委審問があった。

 尋問では、組合委員長でもある教諭が漢字テストに取り組む生徒を励まそうと

「満点取ったら先生が君にジュースをおごろう、取れなかったら君が先生におごることにしよう」
と約束してジュースのやり取りや、現金100円のやり取りがあったこと(これが懲戒処分の理由となっている)も取り上げられた。

 努力をした生徒にジュースくらいのものをご褒美として準備するくらいのことは忘暮楼も現にやっていることである。もっとも負けたら先生におごれというのは、よほど気心の知れた生徒であればありうるかもしれないが、まあ一般にはほかの方法を取った方が無難ではあろう。

 しかし、いくらなんでも、檜垣先生がこの方法で、100%、「生徒にジュース代を出させてやろう、生徒からお金を巻き上げてやろう。」ともくろんだのだという人間理解は絶対に間違っていると思う。

 さて、既報の通り、この学校では先月校長の突然の辞任があった。審問でも学園側の代理人から校長を承認として申請していたがこれを撤回したいとの申し出があった。そしてこの申し出は事情が事情だけに結局認められた。

 ところがその直後、審問室のドアが開いて、前校長がヌーッと現れたのである(失礼な表現だがたしかにそんな感じであった)。これには申し立て人側も被申立て人側もビックリ仰天した。学校側は急遽、前校長との話し合いのために時間をくれるよう委員長に申し入れ、話し合いの結果、これまで通りこの審問にかかわることになった。

 どんな話しがあったのかは知る由もないが、中日ドラゴンズが優勝すると、やっぱり不思議なことが起きるようである。


もどる