<


  1999年9月28日(火曜日) 秋晴れ
動物占い

【Zainichi】メーリングリストで流行った「動物占い」というのを忘暮楼もやってみた。

 忘暮楼は、「トラ」「サル」「クロヒョウ」「ゾウ」とあまたある動物の中で
ギャハー、(^○^)「こじか」ちゃんと出た。

 「こじか」ちゃんの特徴はというと…

好きなもの→「自然食・天然もの」
嫌いなこと→「駆け引き・裏表のある行動」
出没エリア→「自分の知っているところ」

 なーるほどなあ、言い当ててます。飲み屋でも「蔵」に10年、「グッバイ」に10年、「まちこ」に3年、「品川」に2年といった風ですね。なじみになるとそこばっかりです。

もう少し詳しい分析が「こじか徹底分析」なるものに書かれている。これがさらによく当っているので、「こじか」って顔じゃないけど紹介しておこう。まあ忘暮楼が自分をどんな人間ととらえているか、忘暮楼の自己像がおのずと語られるって訳だ。

「こじか徹底分析」(緑の部分です)

見かけもかわいいギャハー(^○^)、こじかは警戒心の強い動物ですが、好奇心も旺盛です。誰からも可愛がられたい気持ちが強く、愛情が確認できないと不安になります。人を育てたり、教えたりするのも上手です。

  1. 初対面では、警戒心が強い

    ●何かを始めるときは「失敗したらどうしよう」と思ってしまうのです。慎重なんですね。でも、なれてくると大胆になれるよ。
    【感想】だから、やってみたい社交ダンスもパラグライダーも棚上げ。ひとりで出来ることは結構積極的なんですけどねえ。

  2. 誰からも可愛がられたい、八方美人

    ●「相手軸」だけに全方位外交になりがち。だって、面倒見てもらうことが好きなんだもん。
    【感想】酔っ払ってしゃべりだすととまらないそうですが、話を聞くのも好きですねえ。卒業生と会うとだいたい聞き手にまわります。海千山千のような人においしい話を持ってこられるとコロリともって行かれそうな不安もあります。

  3. 好奇心は旺盛だが、長続きはしない。

    ●警戒心が強い割には好奇心も強い。でも、行動範囲が限られているので遠くには冒険しないよ。
    【感想】韓国へは何度でも行くけど、ヨーロッパへはなかなか行こうとしない。

  4. 好き嫌いは激しいが、外には出さないのでストレスがたまる。

    ●本当は、好きな人としか付き合いたくない。でも…強くは言えないし…。
    【感想】これはぴったりです。

  5. 仲良くなると、わがままになって言葉遣いが乱暴になる。

    ●いやいや、仲がいいからこそ許されるんじゃないのヨ。
    【感想】こんなところもありますねえ。先輩に乱暴な口をきいたり、酔っ払って人を怒らすようなことをいったり、卑猥な言葉を連発したり……。

  6. 人を育てたり、教えたりするのがうまい。

    ●赤ちゃんの割には、教え上手なんですよ。状況対応型だし。伝統や、人から受け継いだもので活動してゆく人なの。
    【感想】忘暮楼はホンマ「赤ちゃん」なのです。別の占いをやってみたら精神年齢がなんと実年齢より35歳低い22歳とでたんですが、わざわざ「若い、のではなく、幼稚なのである」と但し書きがついていたくらいです。この項もいい得ていると思います。

  7. 自然志向の人が多い。(自然食品が好き)

    ●添加物が気になるので、思わず食べ物の成分表をながめてしまうの。でも見ているだけでOKなんだけど。
    【感想】これも当たってる。

 ふーむ、これは恐るべき占いじゃあ、と恐れ入った方はこちらをどうぞ


もどる