<


  1999年7月4日(日曜日) 曇り
誕生日は何の日

 今年は96歳の母親は入院中で、いつもやっている誕生祝いができなかった。

 誕生祝というのは、ある人物のこの世界への出現を歓迎し肯定することである。ある人物がこの世に現れ、私と一緒にいてくれることを、私は嬉しく思っていると、その人物に伝える日である。

 だから、本当は「誕生日おめでとう」ではなく「君がいてくれてありがとう」といっているのである。

 それだけに今年母の誕生日ができなかったことの意味合いが気にもなる。   

 漢和事典の解字によると、「誕」の本来の意味は「言を延ばす」、つまり「針小棒大」、すなわち「ウソ」である。その「延ばす」が「生まれる」と転じたものらしいが、それはともかく、我らが人生、なお「ウソから出たマコト」のごときものなのであろうか。

 チョットした気まぐれで生まれてきた我々が、他人にその存在を喜んでもらえるなんて、本当にすばらしいことである。


もどる