<


  1999年6月12日(土) 晴れ
数字

 今日の新聞で報道されたように、厚生省が昨1998年の「人口動態統計(概数)」を発表しました。(詳しくは→厚生省)

この機会に気になる数字を備忘メモとして少し並べて置きます。

  • 年間の自殺者が3万人、昨年より35%増。1時間に3.4人が自殺している。
  • 特に50歳代の自殺が爆発的に増加。
  • 女性の年間の自殺者が1万人。
  • 自殺が死因の最上位をしめる年代あり。
      (1)10代後半から50代前半まで35年間の死因は、自殺がつねに1位又は2位。
      (2)そのうち、20代後半から30代までの15年間では、自殺は死因トップ。
  • 戦後の交通事故死者が50万人となる。米軍の空襲による死者が51万人だった。
  • 年間の交通事故死者が1万人。一時間に1人が交通事故死している。
  • もっとも出産率の高い年齢である女性25歳から29歳の出生数が昨年は50万人で、最も高かった1975年の出生数100万人の半分。
  • 死亡数が100万人へ上昇中(93万6480人)。最低は1966年で67万人だった。
  • 出生数は前年より1万人増えて120万人超。

 


もどる