<


  1999年5月6日(木) はれ 洗濯物を干すのを忘れた
ボケになるかならないか

 古本屋で『今からわかるボケる人ボケない人』(フレディ松川著・集英社文庫)ってのを買った。

以下ごくごく簡単に紹介しておこう。

  • 功成り名をとげた学者はボケやすい
  • 強欲のかたまりのような政治家はボケない
  • 公務員はボケやすい(外国人との交際の多いセクションはボケにくい)
  • 学校の教師はボケやすい(とくに国語、地理、歴史など同じことを教えている教師。勝負勝負!の体育教師、音楽、理科はボケが少ない)
  • スポーツマンはボケる前に死ぬ
  • バーのママは欲深かならボケにくい
  • がんばるセールスマンはボケない
  • 年をとっても芸に打ち込んでいる落語家、講釈師はボケにくい
  • ミュージシャンはボケにくい
  • 上司のいいなりだった人は確実にボケる
  • 宴会係の好きな人はボケない
  • 土日を上手く使えない人は確実にボケる
  • 仕事だけが人生ではない、と考えている人はボケない
  • 几帳面な人は確実にボケる
  • 大声で笑う人はボケない
  • Sex好き、女好き、スケベはボケない
  • こごと言いはボケない
  • ロマンチストはボケにくい
  • 憎まれっ子はボケにくい
  • できの悪い息子や娘を持つとボケにくい
  • 下着からネクタイまで妻任せのひとはボケる
  • 若い女房と再婚した男はボケにくい

     結論 最近猥歌集めに奔走している忘暮楼はボケにくいと出た。


  • もどる