<


  1999年5月1日(土) 晴れ
孤独

 松山・日本コリア協会の別子山村墓参旅行の日である。参加者6人。運転は竹龍さん。3時出発、6時着、どうしても3時間はかかる。韓国忠清南道から北海道へ戦時動員され、北海道から住友住友別子銅山へと引きまわされ、1943年5月7日25歳の若さでここで事故死した朴順福さんの墓参り。松山・日本コリア協会の恒例行事だ。

 墓参は明朝とする。宿所は村営コテッジが借りてある。6人で13000円。持参した食材ですき焼き。上手かった。山の水で炊いたご飯は特に美味しかった。
 禁を破ってお酒を少々頂いた(=^-^=)

 話題は豊富だったが、一人暮しのアオちゃんの一言が強烈だった。

一人でご飯を食べていると、どうして私が一人でいなければならないのかと、むしょうに腹が立ってくる

もどる