1999年3月31日(水)
韓国旅行終了
昨日韓国8日間の旅を無事終了。飛行機代とホテル2泊で32000円、滞在費が71000円、計10万3000円でした。
同行してくれたヒョンホ君(17)の旅費や食費、nanumの家のお土産代九万ウオンも含んでの値段だから安い旅行だった。
ヒョンホ君の父上が軍人用の旅館を世話してくれてこれが一泊一人350円(キャー)、これで3泊差せてもらったのが助かった。

旅程
3/23 松山発。ソウル市内見物。サボイホテル泊(一人7000円)
3/24 ソウル市内見物。第1会館泊(一人350円)。
3/25 国立慶州博物館など。旅館泊(一人800円)。
3/26 東海(日本海)文武王海中陵など。一郎君は日本海を生まれてはじめてみた。第1会館泊。
3/27 ソウル市内見物、ダウン。生徒たちはミュージカル「the last empress」(明成皇后暗殺事件のミュージカル化)を見に行く。第1会館泊。
3/28 ナヌムの家訪問、泊(お礼として一人千円)。
3/29 ソウル市内見物。サボイホテル泊。ヒョンホ君のお家から、辛ラーメン1箱ずつ(1箱三〇個入り)と昨日の晩作ってもらったキムチたっぷりをいただく。
3/30 帰国

以下、nanumの家に住みこんでいる米倉(土佐のハチキンさん)さんからの私信と返事ですが、感想代わりに・・・。

--------------------------------------------------

米倉さん、おはよう! ご住職、オモニ(僕にはハルモニという感じじゃないなあ・・・)たち、おはようございます。
食うことばっかりの尾上です。
今度の旅行は,本当にすばらしいものでした。それはやはりnanumの家を訪問できたことが大きな理由でした。
数年前から行かなくちゃ,行かなくちゃ、と思っていたのですが、言葉の心配があったことがひとつ、それから一番は、やはり日本人としてどんな顔をぶら下げていけばいいのかわからなかったこと、そんなことで躊躇していました。

今回出雲先生から米倉さんのことを聞いて即座に「行こう!」と決めました。ぶら下げていく顔はその日の顔にまかせよう、とにかく一度行かなくちゃ、僕自身の生き方があいまいなままで終ってしまいそう、そんな感じで訪問をきめたんです。

nanumの家滞在中は、順徳オモニや春姫オモニをはじめたくさんのオモニたちに本当に優しくしてもらい感激しました。オモニたちの手のぬくもりが今でも思い出されます。
今回は役立たずで、meog-neun geos-e daihaiseo-neun(man!) an ji-neunda,  i nom-a(食うことだけは負けないぞ、この野郎) でしたが、次ぎはなにかに役に立ちたいですね。

今日たまたま松山・日本コリア協会理事会があるのですが(13:15から地労委の審問の補佐人、17:00から理事会、そのあと一杯・・・結構忙しいなあ)旅行の報告をするとともに、毎週水曜日に、ソウル日本大使館前の水曜集会に対応して、簡単なことでもよいからなにかできることはないか、相談してみようと思っています。

スンドクオモニにいただいた焼酎(二本)はあの晩ホテルで飲んでしまいました。おいしかったでーす (^o^)
右取り急ぎ御礼まで。

----------------いただいた手紙---------------

尾上先生そして一郎君今回の韓国での旅はいい思い出が沢山出来ましたか?なぬむのイエのみんなまた来たらいいのにね。っといっていますよ。今度はいつ来られますか?是非是非・・・
ここに来てから私も進んでお酒を飲むほうなのでほとんど毎日飲んでいます。勿ろん今日もまたのみました。
先生とお会いして、そして一郎とあって高校のころのことをいろいろ思い出しました。私には尾上先生のような先生がいたかなあ?と考えたのです。海外まで連れていってくださる先生、しかもなぬむのような所にいっしょにいく先生はいなかったなあ。そういったテンではいちろうは幸せものだと思う。

では私の感想文はこのへんにしておやすみなさい。

米倉 万有美