1999年3月15日(月)
通勤の車は民謡教室
今朝の計量でナント73.8kgが記録されたのだ。うれしーーい。
家庭禁酒、食事療法、waking(後ほどふれたい)のおかげだ。
1998年8月の終わりまでは、毎日酒で3合程度を飲んでいた。それを止めた。
今は、外でナニカゴトの時にシコタマのむが、その他の日は1滴も飲まない。

今日、八木節が歌えるようになった。聞き始めてから1週間以上かかった。
唄い出しがミミーラーシラシラなっているところからして難しかった。
これで一応歌える歌が、ソーラン節、道南口説き、ヤシャブロ節、サンサ時雨、佐渡おけさ、相川音頭(これはまだ稽古不充分)、花笠音頭、最上川舟歌(これもマアマアくらい)、祝い酒、新相馬節、津軽じょんがら節(ちょっとのりきれていない)、木曾節、小諸馬子唄、山中節、イヤの粉引き唄、正調刈干きり唄、鹿児島おはら節。
これらをいつか韓国の人たちに聞いてもらおうという胸の内である。


忘暮楼日記 <


 

もどる