2004年4月18日 日曜日 62歳誕生日
 北海道道南旅行 3 チューリップ

昨年の誕生日は沖縄で迎えたのだったが、今年は北海道で迎えた。面白い取り合わせだ。函館見物の途中、護国神社に寄った。


ここの護国寺の前身は函館戦争での天皇政府側の戦没者の慰霊のために設置された招魂場でした。だから、土方歳三など幕府軍の死者は祀られていないはずですね。


北海道には三つの護国神社があります。
函館戦争の戦没者を慰霊する函館護国神社。明治10年の西南戦争で戦病死した屯田兵を慰霊する札幌護国神社。そして、日清戦争以来の6万余の戦没者を慰霊する北海道護国神社(旭川)のみっつです。
北海道の護国神社の主体は県庁所在地にある札幌護国神社ではなく、旭川の北海道護国神社ですが、これは旭川に旧第7師団が置かれていたからでしょう。旭川には現在は陸上自衛隊第二師団がおかれ、今回のイラク派兵の中心部隊となっています。


函館護国神社には「童謡チューリップの歌碑」がありました。私はこの歌碑で童謡「チューリップ」に込められた思いをはじめて知りました。あとで調べてみると、「ならんだ ならんだ あか しろ きいろ どのはなみても きれいだな」という歌詞の作者近藤宮子はこの歌について「なにごとにもよいところがあるものです。とくに弱いものには目をくばりたい、という自分の思いをこめました」と語っていたそうです。→「チューリップの歴史

童謡「チューリップ」は1930年の作品。暴力が世の中を支配し弱いものを差別し排除していった時代にこのような歌が作られたことは驚きです。それだけにこの歌碑は、軍国主義の牙城である護国神社には似合わないなあ、と思いました。略年表↓

1930年○ファシズム団体( 桜会 )結成。
1931年○柳条湖事件・満州事変
1932年○右翼団体( 血盟団 )が前蔵相らを暗殺。(5・15事件)○
1933年○国際連盟を脱退。
1935年○美濃部達吉の天皇機関説が不敬罪として批判を浴び、著書発禁。
1936年○陸軍皇道派将校らが高橋蔵相、斉藤実内大臣らを暗殺(2・26事件)。
1937年 ○廬溝橋事件。日中戦争が開戦。    
さらに太平洋戦争に突入してからチューリップ球根栽培農家は「チューリップつくりは非国民だ」と非難され栽培を中止させられました。花より食糧確保だ、と言うわけです。
感動的→富山県砺波(となみ)地方のチューリップ栽培史


三線仲間たちと、ある障害者作業所のアニバーサリー・イベントの余興に参加することになってSMAPの「世界に一つだけの花」を練習しています。「人それぞれの好みはあるけどどれもみんなきれいだね」といった歌詞でこれはどうも童謡「チューリップ」の焼き直しのようです。でもいい歌です。

石川啄木一族の墓の近くで、「尖塔付軍人墓」を2基見つけました(写真左隅)。やはり北海道にもあるんですね。
背景は臥牛山(函館山)です。目のいい人は山頂から右側の峰沿いに下るロープウェイのロープが見えるかもしれませんね。