2004年1月1日 水曜日
 2004年の年賀状

あけましておめでとうございます みなさま幸多き新春を迎えられたこととお慶び申し上げます 本年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます
 さて 当方の昨年の状況をご報告させていただきますのでご笑覧くださいませ
 敏子は年金生活3年目 4月友人とともに沖縄旅行 39年ぶりに大学時代の同窓生と再会しました 七月 末息子と紫陽花の美しい鎌倉の寺巡り また韓国を旅し朝鮮の土となった浅川巧氏を墓参 11月には松山を訪れた韓国レスリング選手や女子柔道選手と同行し初めて武道の面白さに触れました 本年二度目の沖縄旅行では八重山諸島の竹富島を訪ね 盛大な種取祭と島の道を乱れ飛ぶ美しい蝶に興奮しました
 守は3月31日私立新田高校を定年退職し年金生活に入りました 4月2日単身 沖縄県宜野湾市のマンスリーマンションに移り住み 沖縄国際大学の科目等履修生の身分で 琉球方言学概論、琉球民俗学などを学びました 市民居住地の上空で朝から晩まで爆音を響かせて飛行訓練をつづける米軍機には強いストレスを感じ 日米安保条約を身体で感じながらの毎日となりました なお6月からは宿所の近くの城間永徳民謡研究所に入門して歌三線の稽古を続け8月31日には琉球音楽協会のコンクールで新人賞を頂きました 三線(サンシン)赴任と冷やかされたりもしました
  後期は大学のほうはほったらかしにして琉球新聞のカルチャースクールに通い 伊狩典子先生から首里方言を 玉城千枝子先生から踊り(カチャーシー)を学びました また離島旅行にも精を出し北は沖永良部から南は西表まで足をのばしました 与論島では体験ダイブに挑戦 海中の桃源郷をのぞきみてしまい 12月ついでにスクーバダイビングの講習を受けCカードを取得しました 12月21日松山に帰還し ふたたび松山での生活を開始しました

 2004年正月