2003年7月7日 月曜日

アリアケカズラ

 沖縄の高速自動車道を走っていると、切り割の壁面にたれているかずらが目に付く。この季節はそのかずらに黄色い花がいっぱい咲いている。
  この花の名を小波津さんが教えてくれた。「アリアケカズラ」だそうだ。沖縄の夏の黄色い花といえば、「ユウナ」とこの花だ。

  一般道を走っていると路側の植え込みに「アリアケカズラ」によく似た花が咲き誇っている。ただし、垂れて咲くのではなく、立ち上がって花をつけている。花名プレートには「アラマンダ」とある。よく似ているのだがどんな関係だろうか。

  正解は
アラマンダ キョウチクトウ科 

熱帯性の低木で日本ではアリアケカズラとヒメアリアケカズラと呼ばれる品種が主に栽培されています。高温下でよく育つ反面低温には弱くアリアケカズラは最低でも10℃以上の気温が必要になります。ヒメアリアケカズラは5℃以上の気温が保てれば容易に冬越しが可能で鉢植えとしてよくでまわっている品種です。
とのことだった。一件落着。