2003年4月8日 月曜日
嘉数高台のトーチカ

 嘉数高台公園の眺望のよさをめでたのだが、眺望が良いと言うことは軍事上の要地であると言うことだ。ここは、丘が高いだけではなく小禄墓(おろくばか)のような深い谷も抱いている要害の地である。

嘉数高台のすそにある「小禄墓」の谷

 読谷村史は

「上陸部隊の主力は、首里の日本軍主陣地をめざして総攻撃を開始した。首里北方の浦添村前田、宜野湾村嘉数の嘉数高台を中心に、一進一退の攻防戦が四〇日間も続いた。この戦闘で日本軍は主戦力の八割を失った。五月下旬、首里は陥落した。牛島司令官は首里を放棄して、島尻の摩文仁へ撤退した。」
と書いている。皇軍がまともな「攻防戦」を戦ったのはこの土地だけだったのだ。

嘉数の丘の北側に当時の皇軍のトーチカ(鉄筋コンクリート製の恒久的火器陣地)が残っている。 
トーチカの出入り口。こどもだったら入れるが私には無理だ。
反対側にある銃撃のための穴。
出入り口から内部にカメラを入れてみた。

 

 今日は嘉数高台公園の周囲を11,350歩歩いた。
 明日からいよいよ授業が始まる。沖縄方言の使われるラジオ番組を確認した。出来るだけ録音しておきたい。録音テープをどっさり買い込んだ。