2003年1月15日 水曜日
 小泉首相の靖国参拝

 昨日小泉首相が靖国神社参拝を強行した。自民党首脳も知らされていなかったそうで電撃参拝というところだ。

「正月だし新たな気持ちで平和のありがたさをかみしめ、二度と戦争を起こしてはいけないという気持ちで参拝したい」

 というのが参拝の気持ちだと報じられたが、よくわからない説明だ。朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核開発、ミサイル開発を口実に「日米共同ミサイル防衛網」の構築を目指しているものが「平和のありがたさをかみしめる」なんてなにを言っているんだろう。アメリカが突入しようとしているイラク戦争への参戦を決めているものが「二度と戦争を起こしてはいけない」なんて全く矛盾している。

 要は、周辺諸国が不快感を抱くことがわかっていても、憲法の政権分離原則に抵触するという批判が出る事がわかっていても、「1年に1度は」どうしても靖国神社に参拝するぞ、というのが本音であるようだ。

 小泉首相は、ほかの政策がみんな失敗しても、首相の靖国参拝の定例化・日常化だけは身体をはって実現したいと考えているのだ。今回の参拝もそのための一途な「お百度参り」である。

 今回の参拝で小泉首相が祈ったことは想像できる。アメリカが開戦を決意しているイラク戦争では、自衛隊から新しい戦死者が生まれるかもしれない。イラクは日本を米英に次ぐ第3の敵国と認識しているからだ。小泉首相は自衛隊員の「武運長久」「必勝報国」を祈りたかったのだ。小泉首相の頭は「開戦直前」なのだ。

 うむ、ついでに小泉政権の「武運長久」も祈ったかもしれないなあ。