2002年 5月28日 曜日

日陰者であればこそ


 1973年8月8日、来日滞在中の金大中・元韓国大統領候補が九段下のホテルから突然姿を消す ----5日後、ソウル市内で目隠し・傷だらけの姿で発見された。 この金大中拉致事件を取り上げた映画が『KT』である。日韓合作の作品だ。布袋寅康の音楽がよかった。

 この映画に、吉田茂首相の防衛大学校卒業式での訓示が出てきた。

「自衛隊は日陰者でいるときの方が国民は幸せなのだ。だから日陰者を承知の上で職務に励んでほしい」
というものである。いまや、自衛隊は日陰者からヒナタ者に変身しつづけている。けだし、国民は不幸への道を歩みつづけているにちがいない。