2002年 1月 31日 木曜日

女の涙


小泉首相はなにを見て

 

「涙は女性の最大の武器というからね。泣かれると男は太刀打ちできないでしょ」

などとほざいているのだ。

 戦争好きの男の天皇や男の軍人や男の政治家たちが日本の若者たちをどんどんと戦場に送りこんでいた頃、その若者のために、女である母や祖母や姉妹たちはどれだけ涙を流したことか。そのとき、その涙で、男である天皇や軍人や政治家は好きな戦争を諦めたのか。なにが「最大の武器」だ、あきらめるはずがない。

 夫や恋人の暴力の餌食となっている女性たちは、涙という「女性の最大の武器」を一度も使ったことがないから殴られ続けているのか。なにが「太刀打ちできない」だ、夫は泣きじゃくる妻や恋人を殴りつづけているではないか。

 小泉首相は、早い話が、田中真紀子外相が

 

「涙は男の最大武器っていいますからね。なかれると女は太刀打ちできないでしょ」

といったって立派に通用することに気づかなければならない。

 どうしても分からなければ、「女医者の不養生」とか、「女は万事塞翁が馬」とか、「女の口はわざわいのもと」とか、「めすイヌも歩けば棒にあたる」とか、「八十女の手習い」とか、「女のことわざ」を口の中で転がしてみてはどうだろうか。きっと自分が変なことを言ったことに気づくと思う。


へ戻る Contentsへ戻る