2010年9月17日 金曜日


 
4時50分起床。5時に散歩に出かける。オリオン座。大犬座が美しい。西の空には金星が輝いている。右足の小指が痛い。30分の散歩で終わり。

玄関の横の植え込みの日々草や南側のサザンカに水をやる。

サンシンの練習。「だんじゅかりゆし」を初めて五番まで歌ってみた。まだ、演奏も出来上がっていないが、あとまあ一週間くらいで出来上がるだろう。

11時から妻の運転する車で町に出る。今日は、「水野広徳」の遺物を展示する「子規記念館」を訪れる。私が何かを見に出かけるのは、香川の美術館へ行ったとき以来だそうだ。
一度全部を見たつもりで出たが「水野広徳」には会えず、受付から説明を受けてもう一度回ると、先ほどは見るのを省略した一番最後のコーナー(3、4メートルくらいの場所)が水野広徳の遺品展示場所であった。小さな案内しかないからわからなかった。しかしおいてあるものはなかなか良かった。子規とは違う意味で日本の宝だと思う。もっと大きく展示してほしいが、できないのだろうか。

子規記念館を出て、少しだけ公園を見物。道後公園入り口に昔の湯元のあとがある。日清戦争開戦の年、道後温泉本館が落成するまでの湯元のようだ。
温泉街の中心部に近代和風建築として斬新なデザインを持つ道後温泉本館が完成する。翌4月には松山中学の英語教師として温泉のある松山市に赴任した夏目漱石がその建築に感嘆し、手紙や、後の彼の作品『坊つちやん』の中で絶賛している。
昼ごはんを食べるために車で道後の裏町に出かける。なかなかおいしかった。帰り道、高井のパン屋さんでパンを買う。さらに、よくパンを買いに行く店で、しばらく休みだったところがあいているようなので、そこでまたパンを買う。ついでに店の中にあたらしくできたコーヒーショップにも入ってコーヒーを飲む。なかなか広い店になったようだ。

家に帰る。しばらく横になってうつらうつらしたり、相撲を見たり。横綱白鵬が連続53勝で二位タイ、千代の富士と並んだ。あした勝てば二位になる。

夕食を食べてテレビを見る。香川県の島々を舞台にした芸術活動がテーマ。面白そう。一度行ってみようか、と云うことになった。


今日の食事
昼食 お店でランチ
夕食 そーめんがおいしかった