2010年3月24日 水曜日


7:30に起きる。昨日の晩は確か12時ころまで眠れなかったので今日一日心配であったが、一日スルリと通過できた。

10:00~12:00
ニッポンコリア読本 
p118~p134
「江華島事件」島根大学助教授 原田環 著
 興味深い論文であった。
 京城という表現は1876年の「日朝修好条規」第2款に「日本国は・・・使臣を派出し朝鮮国京城に至り」とあるのが初出。京城は「みやこ」の意だったがこう明記されたことから朝鮮の首都を京城とよぶようになったらしい。京城が「日韓併合」以降の用語と云う説は間違いだそうだ。
 1876年に日朝修好条約が締結されたのは、雲揚号(約250t、陸攻隊わずか20余名)が朝鮮政府を圧倒したからではなく、新官位名、新印の使用、「皇」「勅」の文字の使用などいわゆる日本の「書契」問題があったからである。1868年のフランス艦隊、1871年のアメリカの軍艦が何ヶ月も漢江河口に腰をすえて江華島を攻撃したが朝鮮側はこれらを撃退し条約締結を拒否している、とか。


午後13:30~17:00
預かっている論文に目を通し改善を提案すべき所があれがその旨伝える作業。面白い論文でついつい気合が入ってしまった。ご本人に御送りしておいた。


17:00~18:00
相撲をみた。把瑠都の巻き変えに乗じ、白鵬がまわしを引きつけ上手投げで下した。残念。だが、平幕が横綱に負けるのは当然といえば当然。問題はこれからだね。


小花とお母さんが来た。一緒に夕食を食べる。小花は一週間の間に見違えるほど変身している。しゃべる内容が違ってきた。

朝食 ごはん 味噌汁 キムチ 高菜と油揚げ炒め 納豆
昼食  あとで・・・
夕食