2010年2月25日 木曜日


7時起床。頭が少しふらついたがまもなく直る。
朝食、昨日の残り物。

『日本の歴史11 明治人の力量  第三章 島帝国の孤独』p148~p193
三浦梧楼公使、1895年10月8日未明、大院君を立ててクーデターを決行。閔妃殺害。三浦らは翌年1月証拠不十分で不起訴。甲申事変、この閔妃事件、昭和の満州某重大事件、満州事変と繰り返されることになる。
ロシア公使館に入っていた高宗は1897(明治30)年年2月王宮に戻る。同年10月朝鮮は国号を大韓国字改め高宗は皇帝となった。韓国におけるナショナリズムの高まり。
10:00~13:50

昼食(妻不在、魚料理)後、一時間昼寝。さっと寝入った。

昼寝のあと散歩、65分。保育園、山際の池、ローソン、帰路。

六時前、妻が小花を迎えに行く。私も付き合う。

夕刻、もっちゃん(68歳)が来てくれる。電車で来たそうである。そういえば地図を送れと年賀状にあったのをそのままにしていた。僕がまともに話が出来ないくらいの状態かと心配してくれていたそうだ。一時間くらいいろいろ話した。我々の死に方について面白い話があった。親が生前にお前たちのことをこんなふうに言っていたよ、と子供たちが私の死後私の知人から聞くくらいがいい、という話だった。これまで書いた文章を一冊の本まとめておいたら、と薦めておいた。面白い文章が結構あるひとだから。

としつぐも来て一緒に食事。小花の、なんとかというビデオ作品を二回ほど見た。なかなか面白かった。