2010年1月22日金曜日晴れ    
 久しぶりの日記 


今日は病院に二ヶ所行った。それで一日病院にいた感じがした。今日を振り返ってみよう。

朝6時半起床。昨日は5時半だった。一昨日までは8時半起床だったからこの2日はかなり早かったわけだ。なにかこの2日で生活が去年の9月以前に戻ってきそうな感じだ。

それから朝飯を食ったりしているうちに、8時半になり、妻の車に乗せてもらって、午前中の病院=愛媛生協病院へ出発。

途中漢那さんの家によって日本コリア協会・愛媛関係の印刷物を届けておく。来月の総会で事務局長の仕事からはずしてもらうことになっている。この印刷物は事務局長としての最後の仕事になる。

午前中を使って愛媛生協病院での糖尿病の検査と診断。午前中を使っての検査の結果、先月まで下がり続けてやっと正常値に達していたヘモグロビンA1Cがまたしても上昇してしまったことが判明。「今後お酒はのみません」と約束してしまった。

家に帰って昼食をとったあと、こんどは松山リハビリ病院へ行って、脳梗塞の治療。「脳梗塞」という病名がパッと出たのは今が初めてだ。10月からいろんな治療を受けているのにこの病名がなかなかでなかった。今日も妻に聞いたくらいだ。とにかくこの病名が出たことを喜ぼう。今日は西岡、玉井両先生(両先生のなまえも今日はナントカ思い出せた)とも能力試験だった。どちらの試験も記憶が弱いがすこし改善されているそうだ。玉井先生のテストのあと、私のサンシンの伴奏で歌の好きな患者さんと歌の会を開いてもらった。サンシンはかなり能力が残っているようだ。

家に帰る。衆議院の予算委員会の討議を見る。この首相の名前がでない。----(調べたら「鳩山」でした〜)鳩山首相にみなさん厳しく迫っていた。そのあと相撲を見る。朝青龍が勝って、・・・もう一人の横綱の名前がでない、・・・白鵬(ホームページで調べた)が負けた。いい流れだ。

そのあと木材関係のテレビ番組をみて9時前にこの作業を始める。今9時40分、ここまでで40分もかかったわけだ。できるだけ頑張ってみよう。