2000年 10月29日 日曜日

 愛媛新聞が
「ワンコリア こども美術展」
を取り上げた


 10月28日付け愛媛新聞6面に「ワンコリア こども美術展」が報道されました。

 

南北合同で美術展

四国朝鮮学校と韓国の学校 来月松山で

 松山市南斎院町の四国朝鮮初中級学校(金太宇校長、26人)と韓国」慶尚北道の真宝初等学校・女子中等学校による「ワンコリア こども美術展」が11月7日から9日まで同市湊町八丁目の市総合コミュニティセンターで開かれる。6月15日の南北共同宣言以降、朝鮮半島の緊張緩和が進むなか、子どもたちによる民間レベルの南北交流として注目される。

 四国朝鮮初中級学校の創立55周年記念イベントとしの一つとして開かれる。韓国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との民間交流を進める「松山・日本コリア協会」(会長・東俊一弁護士)と同校との話し合いで持ちあがり、広島市の総領事館の協力で交流校を決めた。

 金校長は「高まる統一の機運に寄与するとともに、子どもたち同士の文化的、芸術的な交流が出来れば」と期待。東会長は「両国の交流に、日本人が少しでもかかわることが出来ればと思い、協力した」と話す。

 美術展の開催時間は午前十時〜午後七時。約百点を展示する。…以下略…