2000年10月 13日 金曜日

 地図の東西


   もう一つ地図の話。私が地図をみるときこまるのは、東がどちらで西がどちらかが直感できないことである。「ええと、東京は右のほうだから…」とワンクッション置かないとわからないのである。

 これは要するに太陽の移動方向が実感できないせいだろうとわけで、試みに地図帳の「アメリカ合衆国中央部・東部」のページの片隅に ←●─ のような印を小さく書きこんでみた。太陽の動線のつもりである。

 すると、ああら不思議、アパラチア山脈から昇るチャールストンの朝日や、太平洋に沈むロサンゼルスの夕日が見えてきました。