2000年9月4日 月曜日

 吊りだし


   昨日から秋場所が始まった。曙が負けたのはファンとしてもこんなものと言う感じ。武蔵丸は勝ったのがニュースになった。なにしろ力士が一斉に弱くなった。

 「産経新聞」に「番付が泣く…」(運動部村上記者)という記事があった。これによると、力士の大型化が相撲を変えているのだそうだ。幕内力士の平均体重が30年前に比べると30キロ以上も重くなっているという。現在平均約154キログラムだそうだから、25%ほど加重しているわけだ。

 昔、霧島という力士がいた。吊りだしが得意で見ているほうもこれを期待し、実際その期待によく応えてくれたものだ。ところが、この数場所気になっていたのだが、このところ「吊りだし」にお目にかかれない。

 産経の記事が「吊りだし」を取り上げてくれていた。最近この決まり手は実際、皆無になっているのだそうだ。最大の原因はやはり先ほどの力士の大型化だという。

 昨年の決まり手の上位3番目までは「寄りきり」「押しだし」「はたきこみ」が占め、投げ技は年々減る一方とか。どうりで相撲が面白くない。

 ついでに力士の月給。横綱は2,737,000円、大関2,278,000円、三役1,623,000円、幕内1,270,000円。場所手当は、横綱20万円、大関15万円、三役・幕内5万円。結構とるなあ……(ーー;)

 貴ノ浪は大関を陥落して月655,000円の減収となった。幕内に落ちると更に353,000円下がる。それでも月収1,270,000円。食うに不自由はないどころか大富豪である。金星のメリットもある。陥落しても落ち着いているわけだ。


天気曇り 
昨日の出来事◆夜遅くかなりの雨が降った。◆プーチン大統領来日。サハリンで「クリール島のいかなる引渡しも問題にならない」と声明。 ◆金嬉老さんが釜山で篭城。人間と言うものは不思議な行動をとるものである。気がついたら昔の方法を採っていたのだろうか。
今日の出来事◆朝方初めて寒かった。窓を開けて寝ていた。◆1年生2クラスの採点終了。◆帰路、重信川下流の渡し場跡を見に行く。