2000年8月25日 金曜日

鵜飼見物


   母の一周忌の法事にかみさんの兄弟たちが全員集まってくれた。めったにあることではないので、この機会を利用して鵜飼見物をしてみることにした。
 今晩の宿所に選んだ肱川町の「小藪温泉」に集まって、そこから鵜飼見物の舟を持っている料理屋「うめたこ」の送迎バスで大洲市まで下る。遅れてきた義弟も何とか船乗り場で合流して総勢13人である。

 舟は肱川をゆるりゆるりと下っていく。おご馳走もお酒もたっぷり。川岸の方では、今日はたまたま大洲名物芋煮会の初煮だというので花火もあがった。

 いわゆる田舎の花火の典型だが船の上からの花火見物はなかなかのものだった。

 そうこうするうちに上流から鵜飼舟が下ってくる。それを見物の舟が取り囲むのである。三艘の鵜飼舟のうちひとつは女性の鵜匠だ。その舟がちょうどわれわれの見物する舟になった。

 鵜も元気、たいまつも勢いよく燃え上がる。鵜匠も美人、川風が涼しい。すばらしい鵜飼見物となった。

 鵜匠は「手を出さないでくださいね、魚と間違って食いつきますよ」と注意する。それくらいこちらの舟のすぐ近くで漁をするのである。楽しい夜だった。


天気晴れ 
昨日の出来事◆日朝会談交渉促進を確認。南北鉄道連結工事、来月15日にも起工式。
今日の出来事◆鵜飼見物

もどる