2007年8月2日
海南新聞
1909(明治42)年
3月9日〜11日

1909(明治42)年3月9日
東京電報
伊藤公の出発 九日発
伊藤統監は村田少将以下を随へ
本日大森発大磯に二泊し舞子尾ノ道をて経て道後に向かへり
ーーーーーーーー
雑 報
●統監来県彙報
▲臨時議会 前号所報の如く伊藤統監は愈々来る十四日来県すこと丶と画定したるを以て公が来県の目的地たる道後湯之町に於ては八日正午より臨時町会を開催し公の歓迎及び其他諸般の準備等に就き打合せをなしたる結果先づ出迎には湯ノ町尋常高等小学校、道後尋常小学校、湯渡り尋常小学校の参考生徒全体は道後停車場迄とぢ町長以下町会議員並に在郷軍人等は高浜迄出迎をなすこと丶なりたり
▲旅館の準備 旅館は仝町鮒屋を選定せられたるに依り仝旅館にては此れが準備の為に俄かに七日正午より大工或は畳屋を雇ひ入れて老化の改造畳の表換等をなし殊に公の居間と定められたる一号に合両室の付属品は全部新調すること丶なりて昨今非常の繁忙を極め居れる由なり
▲湯祈祷の当日 公の来遊当日は折柄仝町湯祈祷記念祭の当日成れば予ねての計画通り全町挙つて国旗、幔幕を張るは素より梅の造花、七五三縄、球灯を吊るして満街飾を施す筈なれば殊更公の歓迎に趣意を表するについては別に手段なきも若し公の来県日の遅延する事もあらば改めて国旗幔幕を出だして歓迎の意を表すべしと

1909(明治42)年3月10日
東京電報
伊藤公来松期 八日午後発
伊藤公は
十三日尾ノ道より淀または駆逐艦に搭乗十四日入松する

1909(明治42)年3月11日
統監府の調査
最近統監府その他において調査したる韓国富力統計によれば左の如し

土地 17億6794万8731円
家屋及倉庫其他建築物 1億1760万円
絵画及武術品  2622万円 
 家畜其他動物 4326万5625円 
 産業 1億5千万円
水産 1億1千万円 
 電気瓦斯及水道馬車 1億円 
船舶 270万5千円
金銀貨幣及金銀塊  787万6千円
 諸会社銀行事業 2022万2500円
諸貨物商品 1億1911万5225円 
 鉄道電信電車 7680万円 
 図書文庫 25万円 


今之を我国台湾の富力に比較すれば僅かに二七四九万二三〇〇円を増加せるに過ぎず福岡、兵庫、新潟三県の富力合計に比すれば七千七百五十八万四千九十九円の減少なりといふ

1909(明治42)年3月11日
統監来県彙報
▲歓迎運動会 松山市立高等小学校に於ては十七日午前より道後公園に於て大運動会を挙行し来遊中の伊藤公を招待歓迎をなす由
▲市経営事業調査会 十一日午後四時より三番町明治楼に於て松山市経営事業調査会を開き伊藤公歓迎に関し諸般の打合せ協議を為す

1909(明治42)年3月11日

●駐韓軍行賞上奏 過般来陸軍省に於て調査中なりし韓国守備軍第十三、第十五両師団約三万人に対する行賞は調査結了に就き此程議定官のご議を経て上奏御才裁可を奏請中の由にて遅くとも来る十五六日頃には第一回の発表を見るべく其内容は将校は一時賜金下士官以下は賜金または瑞宝章を賜る筈なりと



老馬新聞