2007年7月27日日
ある履歴書
老馬新聞

知人から父上・宮崎正夫氏の履歴書をお借りした。宮崎氏は愛媛県出身、朝鮮総督府に勤務、林業関係の仕事をされた。名峰金剛山の植物採集・標本化の作業もしておられる。、愛媛県出身の朝鮮総督府林業行政の重鎮植木秀幹とは昵懇の間がらだったという。浅川巧と時代が重なる。知人のご承諾を得て履歴書の中の一枚を掲載する。
1928(昭和3)年3月12日 愛媛県立松山農業学校林業科卒業   - -
1950(昭和25)年 愛媛県地区、林業技術普及員資格   - -
1951(昭和26)年) 林業経営指導員資格   - -
  -   -   - -
- - - 植木秀幹、1904(明治37)三七年東京帝国大学卒業、1907(1明治40)年から1945(昭和20)年まで朝鮮にあって、主に水原農林専門学校教授として活躍。当時の朝鮮の林業発展に大いに貢献した
- - - 1914(大正3)年5月、浅川巧朝鮮総督府農商工部山林課に就職
1928(昭和3)年4月20日 雇員を命じ月給47円を給す 朝鮮総督府 -
1928(昭和3)年 同 日 朝鮮総督府山林部林務課勤務を命ず 朝鮮総督府 ※国有林の存在区分事業に従事
1928(昭和3)年7月26日 事務の都合に依り雇員を免ず 朝鮮総督府 -
1928(昭和3)年 同 日 雇員を命じ月給47円を給す 通川営林署 ※国有林4200町歩に於ける立ち木処分の調査並にこれの売却処分に従事。また造林用苗木の育成苗園を経営。朝鮮の気候関係を考えて秋田杉の酒肆を取り寄せて培養、これで造林試験を実施。金剛山探勝道路を始めて開く。
1928(昭和3)年12月4日    願に依り雇員を免ず(入営の為) 通川営林署
1928(昭和3)年12月10日 徴兵として輜重兵方11大隊第2中隊に入営  
1929(昭和4)年1月10日 帰休除隊  
1929(昭和4)年2月5日 雇員を命じ月給47円を給す 通川営林署
1929(昭和4)年11月1日 事務の都合に依り雇員を免ず 通川営林署
1929(昭和4)年 同 日 雇員を命じ月給47円を給す 元山営林署 ※元山到着と同時に金剛山の植物採集を命ぜられ15日間の出張で金剛山の県か植物を採取、元山営林署の標本として保存した。
1930(昭和5)年11月30日 現役満期  
1930(昭和5)年12月1日 予備兵編入  
1930(昭和5)年12月31日 月給53円(プラス12.8%)を給す 元山営林局
1931(昭和6)年12月31日 月給56円(プラス5.7%)を給す 元山営林局 浅川巧没
1932(昭和7)年8月4日 朝鮮総督府令第71号により元山営林署廃止   - -
1932(昭和7)年8月4日 雇員を命じ月給56円を給す 江 原 道  -
- 江原道内務局産業課未輝里出張所勤務を命ず 江 原 道 -
1932(昭和7)年9月6日 司法警察吏の職務を行ふことを命ず 江原道知事 -
1933(昭和8)年6月30日 月給58円(プラス3.6%)を給す 江 原 道
1934(昭和9)年12月31日 月給60円(プラス3.4%)を給す 江 原 道 -
1935(昭和10)年4月13日 江原道産業技手に任ず 11級俸を給す 江 原 道 -
- 江原道内務部産業課勤務を命ず 江 原 道 -
1936(昭和11)年12月31日 10級俸を給す 江 原 道
1938(昭和13)年3月31日 9号俸を給す 江 原 道 -
1938(昭和13)年6月23日 朝鮮総督府江原道訓令第23号付則により産業部山林課勤務となる 江 原 道 -
1938(昭和13)年9月10日 華岳山 道有林事務所兼務を命ず 江 原 道 -
1939(昭和14)年3月31日 8級俸を給す 江 原 道 -
1940(昭和15)年3月31日 月給60円を給す 江 原 道 -
1941(昭和16)年6月17日 華岳山道有林事務所兼務を免ず 江 原 道 -
1941(昭和16)年6月30日 6級俸を給す 江 原 道 -
1942(昭和17)年6月30日  月俸70円(プラス16.7%)を給す 江 原 道 -
1942(昭和17)年7月29日 臨時現金前渡出納吏を命ず 江 原 道 -
1943(昭和18)年5月14日 臨時現金前渡出納吏を命ず 江 原 道 -
1943(昭和18)年6月9日 朝鮮地方待遇職員令廃止廃職 - -
1943(昭和18)年6月10日 任朝鮮総督府江原道技手 江 原 道 -
-- 月給70円を給す 江 原 道 -
- 江原道産業部林産課勤務を命ず 江 原 道 -
1943(昭和18)年6月30日 6級俸を給す 江 原 道 -
1943(昭和18)年12月1日 朝鮮総督府江原道訓令第20号事務分掌規程改正同付則に依り鉱工部林産課勤務となる 江 原 道 -
1944(昭和19)年9月1日 臨時現金前渡出納吏を命ず 江 原 道 -
1944(昭和19)年9月30日 5級俸を給す 江 原 道
1945(昭和20)年3月31日 4級俸を給す 江 原 道 -
1946(昭和21)年5月31日 任朝鮮総督府道技師 江 原 道 -
- 叙奏任 - -
1952(昭和27)年4月1日 愛媛県技師吏員に任命する 愛 媛 県 -
- 3級に叙する - -