2007年6月21日
金秀姫論文で
魚島漁民を読む
5

老馬新聞

先日魚島を訪れたとき『魚島村史』の資料編のコピーをいただいた。そのコピーの中に韓国慶尚北道金泉大学講師金秀姫氏の論文が抄出・紹介されている。興味深い内容の論文であった。以下要点をメモしておきたい(このメモの文章は自分の理解の為めに原文を少し書き変え、ないし加筆してあるところがあることをお断りしおく)。

※出典は「水産業史研究 第7巻別刷り」所載の金秀姫論文「植民地時代移住漁村『小魚島村』と巨済島旧助羅」


  1. (旧助羅近海で日本人漁民が使用した網)1920(大正9)年、業者(網元か)数では鯖巾着網業者は2名。知世浦湾(長承浦湾のことと思われる)に展開したイワシ網業者は10名。統 数では鯖巾着網2統。イワシ権現網10統。イワシ巾着網7統 。
  2. (漁船・人員)1920(大正9)年、サバ漁に14隻、116名。イワシ漁に50隻、380名。日本人業蝋に従事した人員は計496名だが、そのうち日本人は10%程度、残りは韓国人だった。
  3. (日本人漁民の給与)「漁民の雇用方法は日給制で、日本人は日給80銭〜1円20銭、普通は90銭だった。「一年または二年ほど」仕事を続けると「1円30銭にあがった」。
  4. (旧助羅の魚島漁民)日本人漁民は主に魚島出身。魚島では鯛網以外に仕事がなかった。しかも鯛網の漁期は<節分後五十日から八十八夜まで>(2月3日から5月21日まで考えて3ヶ月半)などと言われるように短かった。したがって魚島の漁民は危険を冒してでも遠い旧助羅で働くほうが実入りがよかった。
  5. (旧助羅の韓国人漁民)韓国人の日給は「40銭から1円で普通60銭」だった。「彼等は主に旧助羅または巨済島付近の漁民だった」。
  6. (日本人漁民は消える)日中戦争が本格化、泥沼化する1930(昭和5)年代から、網元は今までどおり日本人だったが漁民は総て韓国人が占めるようになった。長い間日本人の下で働くうちに韓国人漁民は漁労に必要な全過程の知識・技術を習得すようになったし、日本人網元にとっても「韓国人より日給が二倍以上も高い日本人を雇うより韓国人を雇うほうが経済的だった」。
  7. (イリコの販売)製造されたイリコは「旧助羅に定期的に入港する旅客船を利用して釜山にある卸売り屋(釜山海産物組合)に販売された。