2007年6月21日
金秀姫論文で
魚島漁民を読む


老馬新聞

先日魚島を訪れたとき『魚島村史』の資料編のコピーをいただいた。そのコピーの中に韓国慶尚北道金泉大学講師金秀姫氏の論文が抄出・紹介されている。興味深い内容の論文であった。以下要点をメモしておきたい(このメモの文章は自分の理解の為めに原文を少し書き変え、ないし加筆してあるところがあることをお断りしおく)。

※出典は「水産業史研究 第7巻別刷り」所載の金秀姫論文「植民地時代移住漁村『小魚島村』と巨済島旧助羅」


  1. (鯛網先行、イワシ網続く)日本人漁民が「イワシ漁を始めたのは1884(明治17)年に広島県安芸郡坂村坪川甚三郎が鯛網の途中イワシが多いことに気づき、権現網でイワシを漁獲したからだといわれている。
  2. (浜の不法占有)日本人漁民が小屋や納屋を建てるために不法に浜の一部を占有したので韓国人との間に紛争が起ったが、その後紛争を避けるために日本人漁民は「毎年土地使用料として三〜十三貫文を土地使用者に支払」うこととなった。
  3. (日本人漁民の納屋の数)1903(明治36)年当時、日本人漁民が韓国沿岸に建設した小屋や納屋は138棟。「この中の半分くらいはイワシ漁民が建てた」ものであった。
  4. 1937(昭和12)年「日中戦争が起ってから日本人漁業者の出征が続き、網の数がどんどん減っていった」。
  5. 日本人の網が減るにつれて韓国人が営む権現網が増大し、「鎮海湾の付近には韓国人の権現網業者が何十名もあらわれた」。