2007年4月10日
海南新聞
明治41年10月22日~24日
老馬新聞

1908(明治41)年10月22日
●沿海州漁業と注意
来年度に於て沿海州漁区租借希望者は露暦12月までに黒竜財産管理庁へ願出づべき筈なるが 尚新旧漁区を合せ同時に出願する様 又鮭鱒購買の為に渡航するものは 日露条約の規定に従ひ健康証、航海証明書を携帯すべきやう其筋より注意ありたりと

1908(明治41)年10月24日
●韓京通信((其二)) ※((其一))は挨拶文程度なれば之を割愛
▲坂谷男爵歓迎会は前信にも申上置き候通り十六日午後四時より開会の筈に候ひしが、其後都合に依り午後三時に繰上られ候。但し正式に開会せられたるは四時を過ぐること十分、夕陽南山に鮮やかなる時に候ひき、
▲会場は度支部次官々邸の庭園にて、菊、女郎花などの草々、秋の風情を見に染めて咲き匂ひ候。先づ門を入りて右手の端が朝鮮料理、其の次が鮨、西洋料理、更に過ぐればビヤホール、正宗ホールと云ツたやうな調子にて、西洋料理には思ひ切つてハイカラのウエーター、朝鮮料理には例の妓生、日本料理には日本芸妓を添へたる模擬店有之候
肥馬軽塵を揚げて坦々たる大道を過ぎり、徐ろに男爵が其の温乎たる風采を正門に顕すや糸鳴り管弦はためいて楽は一斉に歓迎の譜を奏し候。・・・・茲に小生の作りたるプログラムに依れば、チョットしたテーブルスピーチぐらゐあるべき筈なりしに、さはなくて、主客た丶゛ちに紀念の撮影仕り、それよりすぐに宴に移り候。
▲宴会模様は何処とても同じ事に候、耳熱し、眼輝いて尚且つビールの満を引く人も尠からず、将た鮨を頬張りて片手に正宗を離さ丶゛る主客も有之候。場所は広し、肴は善し、天を望めば晴空一碧。気も心ものんびりするやうに候。小春日ホカホカと酔顔を照らせば、菊花しきりに香を送る、誠に興趣湧くが如きもの有之候。男爵は終始微笑を以て杯を挙げられ居候。
▲酒や丶に進みて興更に酣ならんとする時、一声の合図と共にダンス旅行相始まり候。無慮二百名の来賓、楽隊を先頭として、楽の調子の高き、低き、速き、遅きに随つて花園の中心にぐるぐるとダンシングする事に候。シルクハットを横に冠りて妓生と踊る者あれば、フロックの襟を抜き衣紋に着て芸者とハ子ル粋人も有之候。
▲終りて更に撮影の上、度支
(※官名、「度支」は会計、収入、支出を司る)部 荒井賢太郎氏、男爵の万歳を三唱して乾杯し、坂谷男爵、来賓の健康を祝して乾杯し、茲に全く歓迎の宴を了へ候。因みに本日の来会者は度支部高等官、臨時財産整理局、税関高等官及び銀行重役等にて、ナカナカ盛んなるものに候ひき。

1908(明治41)年10月24日
●南米移民奨励 過般開会されたる地方官会議に於て小村外相より対移民方針につき訓示演説を為したるも 内容は秘密に附せられあるが 右に付き確聞する所に依れば 今後米国本土及び布哇(ハワイ)行移民は米国政府との国際感情を融和せしむる為め 絶対に之を禁止し 其代り南米伯拉西爾(ブラジル)秘露(ペルー)行移民の渡航を奨励し 該方面移民に対しては政府に於ても与ふる限り弁士を図るべしといふに在りと