2000年7月4日火曜日
天気快晴 暑い
出来事昨日、建設省家宅捜査(元建設大臣収賄事件)
昨日、沖縄でまた米海兵隊員の少女暴行事件
  

 寄らば大樹の陰

 

[sinasawagurumi]   松山市の中央を流れる石手川の川岸は公園となっている。ここでいろいろな樹木を楽しめる。
 以前エノキとムクノキをいろいろ比べてみたが、今日はこの木(写真)。高さは20メートル以上あるか。寄らば大樹の陰。樹陰はすこぶる涼しい。この木は永木橋北詰の公園にたくさん植えられている。
幹は縦にヒビが入っている。ちょうど今花が咲いているが、尻尾(しっぽ)のように垂れて咲くので尾状花序というらしい。 []
[] 葉は、ニセアカシアに似た「羽状複葉」(ニセアカシアよりはつまった感じ)。よく見ると葉っぱのヘリに細かいギザギザがある。でもなんといっても特徴は葉軸の翼(ヨク)である。ニシキギの翼のような堅いものではないが結構目立つ。

これが決め手となって、この木がシナサワグルミであることが分かった。
小学館百科事典には「幹はまっすぐで材は白色で軽く、細工物に利用し、葉は薬用とする」とある。