2007年3月6日
海南新聞
明治41年
5月26日~6月6日

老馬新聞

1908(明治41)年5月26日

●北韓 清津湾の有望

 昨日北韓より帰来せる某氏は 新開港場清津につき語りて曰く 清津港は北韓に於ける枢要地として我が陸軍の駐屯地たる鏡城を控へ 同地以北の貿易貨物は是れまで車馬に因りて元山に回送され 同地にて漸く汽船に積込れたるを 四月一日よりは清津の開港されたるより 是等貨物は勢ひ同港に移り 或は他日元山港を圧するに至るべく 将来頗る有望の港なるを以て 大坂商船は北韓航路を同港まで延長し 郵船会社にても×
(城?)津港を廃し同地に寄港するに至り 俄に同港を注目するに至りたるが 目下は北韓暴徒蜂起の為め 貨物の運送自由ならず 旁々未だ著しき発達を見ざるも 今回暴徒の為め派遣兵もありし事とて其鎮定の暁きには蓋し朝鮮に於ける新開港として大いに面目を発揮する処あらん云々


1908(明治41)年6月3日

●出漁組合設立申請

 西宇和郡二木生村上田鶴松外六氏発起となり 有限会社二木生村遠海出漁信用組合を設立して 遠海出漁其他産業に必要なる資金貸付及貯金の便宜を与ふる見込みにて 今回認可をその筋へ申請せり

1908(明治41)年6月4日 

●韓国珍島の暴動
 
 珍島の旭工業会社築堤工事々務所に旁民二百余名来襲し 邦人五名害を被れりとの急報あり

1908(明治41)年6月6日 

●大使の移民談
 
 高平大使は米国新聞記者に対して曰く 日本政府は新しき方法に拠り 米国移民免許を制限せり 施行日尚浅く未だ十分の効果現はれざるも 益 減少すべし 米国政府は未だ嘗て日本政府の誠意を疑いたることなし 両国親善の関係は百年不易なり云々