2007年3月4日
海南新聞
明治41年
3月21日~25日

老馬新聞

1908(明治41)年3月21日 

●韓国財源調査
昨年中国庫収入九百三十二万余円にして 一昨三十九年に比し二百三十二万円を増加せり 従来租税は郡主の徴収する処なっりしが 隠結と称する一種の脱税ありて 官吏の私嚢を肥やすが上に 宮内官及び中央政府の高官が私使を発して徴税したるを以て国庫の収入は少なきに拘らず 人民の負担は却て昨年中よりも多かりしなり 現に昨年中に隠結を発見せしもの一万四千四百九十余 税額十一万千余円の多きに上れるが如き其一証なり

地税 四十年 5,428,787円
三十九年 3,951,250円
関税 四十年 3,162,802円
三十九年 2,193,575円
其の他 四十年 347,221円
三十九年 239,095円

戸税整理の結果 極貧者を除き納税戸数は百六十三万三千百六十二戸にして其税額四十八万九千八百余円と決定せり
印紙収入 
三十八年印紙徴税の法を定め 税関の特許、免許、仕役、罰金、借庫料金、保税、倉庫貨物の税敷料、官有、屠獣、家券土地家屋の証明訴訟手数料に適用したりしも 其収入千八百六十円に過ぎず 次で三十九年には五万二千三百余円なり 近く昨四十年中には十二万三千七百四十八余円を売下たり
▲徴税制度の改正 上述の徴税弊害を矯正する為め本年更に京城外四ヶ所に財務監督局を設け其下に二百三十一の財務署を置き徴税事務を執らしむることとせり
貿易額 既往5年の数字左の如し

三十六年 18,219,182円 9,669,131円
三十七年 26,805,380円 7,520,715円
三十八年 3(2?)1,959,582円 7,916,571円
三十九年 3(2?)0,044,949円 8,179,830円
四十年 40,085,533円 16,826,503円

財源調査
一 煙草は尤も韓国人の嗜好する処にして 其需要額多きを以て全国六ヶ所に栽培研究所を設け 日本種米国種を植付 韓人技手を養成中
二 酒造 製造需要に正確の数を得ざるも 其需要亦他国民に劣らざるを認め 改良醸造方法生産費製造所等につき調査中
三 塩行政 従来韓国塩業は税政紊乱の為め廃頽の極に達せるを以て 目下塩税行政調査中
四 鮮魚冷蔵輸送 韓国海産鮮魚を冷蔵庫に貯えて輸送する試験は昨年六月以降好成績を得たるが 之を応用して販路を拡張するは今後の事実問題なりとす

1908(明治41)年3月21日
韓国近信
李学相出発光景 既記の如く 李学部大臣は渋谷事務官及び魚編輯局長を随へ 尚日本に留学すべき々大臣の子息他十四名の少年一行共に今朝一番列車にて南大門を発したり、各部大臣時間、学部職員一同、統監府高等官等多数の見送人ありて盛況を極め 上村学部事務官は金泉まで同行せり
宋農相の山口行 来る二十日頃東京出発の旨昨日報じたる農商工部大臣宋秉畯氏はがない
(ママ)


同日 1908(明治41)年3月25日
●韓京だより 二十日発 社友 京城生
京城焼払計画 高陽、揚州方面の風説に依れば 積城辺に出没する暴徒の陰謀団は 其付近各洞に輪示して 柴炭を京城に運搬売却するを厳禁せしめ 同時に京畿道暴徒首魁は其幾千の部下に命じて京城焼払ひの計画を為さしめ居れりと伝ふ 勿論之は例の蜚説に過ぎざるも 其筋にては予め警戒する所あるが如し
現内閣転覆策 前陸軍副尉白楽正 及び前秘書丞崔其某の両人は 暴徒の参謀と目さる丶許為等と謀り 現内閣転覆策と企て居れるが 或は大同会員中にも之等と気脈を通じて運動する者あり 此陰謀団は独り京畿道のみならず広く各道に通じ 或は宣諭使となり 或は自衛団員と称し 或は政府及び司令部の帰順票を所持しつ丶密かに事を謀い居れる者あり
乾元節の余興 既記の如く来る二十八日昌徳宮内秘苑に於て開催さるべき韓皇陛下の乾元節祝賀園遊会は内外官民一千四百名を招待する予定なれば其規模も広大にして秘苑内一円を会場に充て各所の楼閣に模擬店を設け韓国妓生に日本芸妓を交えて酒間を斡旋せしめる由 当日の余興としては日韓妓の舞楽の外に韓人をして古代の軍服礼服を着け古人の器具((鳳輦、蓋傘、大
?、鉞、金皷、旗、旌等)を用ひて韓国皇帝陣の古式に模し園内を練り歩く観物なるべし
韓帝の御贈勲 往きに韓皇閉会より曽根副統監以下に叙勲ありたるが尚今般山県公爵、松田司法大臣以下京都、福岡、静岡の知事及び事務官八氏に対しそれぞれ勲章を御贈与相成りたり
厳貴妃御負傷 去る十三日夜厳妃惇徳殿の夜会に臨御の際輿丁の不注意により擦過傷を受けられしが其後の経過は良好にて御怪我の翌日より十七日迄就床を好まれしも一作十八日は全快せりとて平常の如く御起床相成りたり
釜山の新停車場 日本より渡韓せし客は従来草梁より京釜線列車に搭じ居りしが 来月一日より開始さるべき愈々今回新設の釜山停車場に依り非常の便益を受くるに至るべし、連絡船上陸の客は桟橋会社の出入口と水上警察署側の出入口と両方よりして混雑を防ぐべく 小荷物引渡しは水上署脇にて之を行ひ桟橋より停車場に至る約八丁の間には要所に貴札を立て丶目標とする由
渡韓者の増加 厳寒に鎖されし韓国も最早春風温和の気節に向ひたれば母国よりの視察者頗る多く京釜直通列車は常に満員の姿なり 渡韓者激増の原因とも云ふべきは本年内地金融の逼迫にて不景気なるより何れも眼を韓国の遺利に注ぎ斯くは渡韓する者なるべしと
武地弁護士の着発 数日前入京せる愛媛県弁護士武地正胤氏は二三日滞在の上今朝南大門発列車にて平壌地方に赴けり