2007年2月25日
海南新聞
明治41年
3月6日

老馬新聞

1908(明治41)年3月6日 

▲韓国の日本新聞
記者君 韓国にて邦人の発行せる有益にて韓国の事柄をよく網羅したる新聞がありますか 右所在及び定価を至急御教授を願ふ <<長浜一少年>>

韓国にて発刊する邦字新聞は約二十種もあり升が 其中で一番古いのは仁川の朝鮮新報で 近来特に活動して居るのは仁川の朝鮮日々新聞 京城の京城日報 釜山の釜山時報 群山の群山新報等です 定価は乍御面倒右各種の内御好みの新聞社へ問合せください((係))

同日 1908(明治41)年3月6日
●没趣味なる韓人 韓国の婦人教育
▲韓国婦人の排日熱は驚くべし 然れども亦その理由無きにあらず 彼等婦人は概ね目に一丁字無きを以て全然社会の事情を知らず 殊に日本の事情に関しては男子の日本に対する悲憤慷慨談を耳にするのみなれば 思慮も無く考察も無く 只男子の排日談を迷信して之に盲従し居るを以て其迷執の霽れざる事男子の比に非ず 左れば韓人を開くの第一の急務は女子教育なり
▲韓国には由来取り立てて云ふべき音楽なし 且文学美術等も見るべきものなく概して芸術の趣味なし 尤も高麗朝時代には或は建築物とか其他工芸等進歩したる跡あれども 李朝にいたっては殆んど之を見る能はず 只妓生(
キーサン)の歌ふ俗謡のみを音楽と名づくべきか 而も単調殆んど何等の風雅なし 要するに一般の国民斯くの如くなれば 名家のうちを訪問しても 其床上に賭けたる軸物等殆んど見るに足るものなし ことに婦女子にして此趣味なきを以て 女学校にては特に音楽に重きを置き趣味の要請に努めん計画なり 
▲女学校 付属幼稚園には殊に重きを置けり そは韓国婦人の特色たる引込主義の風習を打破し文明的婦人を作らんとならば 勢い其時期を俟たざるべからず 其時期は即ち今日天真爛漫たる幼児の成長せし暁なり 今に於て此れ等用事に文明的の教育を施し置かば近き将来に於ては実に韓国婦人の生涯を一変せしむべし 斯くの如く轎(
カゴ)主義の韓国貴族婦人達が学校へ通学するにも徒歩するに至らば 韓国人民挙て崇敬の念を致し 漸次風俗を一変するを得べし
▲下流社会婦人の労働は目覚しきものあり 而して第一は衣服の洗濯なり 彼等は殆んど衣服洗濯の為め其半生を費やせるものと云ふも過言にあらず 厳冬身を切るが如き寒威に肌を露出し子越智を割つて洗濯に勤しめる処 寧ろ可憐の情に堪えざるものあり 彼等の洗濯多き原因は多々あるべしと雖も 其第一は衣服の白色なるにあり 韓人の白衣を着するは皆人の知れる所なるが 秋の夕べなどにては砧の音遠近に聞えて何となく昔の文学を辿る心地し 且其調べは一種音楽的の感想あり