2000年4月25日火曜日夜になって雨  韓国伝統芸能松山公演第4回実行委員会    
 昨年買った本


 職場の机の引出しを整理していたら、昨年丸三書店で購入した書籍の一覧表が出てきた。書店のMさんに頼んで作ってもらったもの。
 自分の貧しい頭の中を世間にさらすようでちょっと恥ずかしいけど、捨てる前に単行本だけでも書き写しておこう。後でなにかの役に立つかもしれないぞ。

 日本書籍出版協会の『これから出る本』の釣り書きをたよりにして注文したものが多い。雑多な収集やなあ(^^ゞ。
 こうやって並べてみると、読みかけの本、まだ読んでない本が相当あって恥ずかしい。中には、こんな本、買ったかなあ、と訝るようなものもある。

  • 1998年12月
  • 『星空ガイド』
  • 『星空ウォッチングと四季の星座』
  • 『保険は共済だけで十分です』
  • 『太平洋戦争とは何だったのか』
  • 『難風』
  • 『立体で見る星の本』
  • 1999年1月
  • 『自分の中に歴史を読む』
  • 『西洋中世の罪と罰』
  • 3月
  • 『大量失業時代 負けるな日本のサラリーマン』
  • 『人間にとって自分とはなにか』
  • 『書いて覚えるヒンディー語の文字』
  • 『ある日韓歴史の旅』
  • 4月
  • 『新日本共産党宣言』
  • 『目は、口ほどにものを言うか?』
  • 5月
  • 『学校崩壊』
  • 『好きやねん大阪弁』
  • 『民謡・猥歌の民俗学』
  • 6月
  • 『俳風柳多留』一・二・三・索引
  • 『岩橋邦枝の俳風柳多留』
  • 『徴兵・戦争と民衆』
  • 『大阪弁川柳』
  • 『図説 地獄絵をよむ』
  • 『詩人という不思議な人々』
  • 詩集『変身』
  • 『世界の発禁本』
  • 『日本の神々』
  • 『日用品の文化誌』
  • 7月
  • 『慰安婦と戦場の性』
  • 『国会議員』
  • 『安藤正楽の生涯』
  • 『兵器の常識・非常識』上・下
  • 『スクワット超健康法』
  • 『水俣病』
  • 8月
  • 『LinuxがWindowsを越える日』
  • 9月
  • 『実録浪曲史』
  • 『葬式と檀家』
  • 『スポーツ文化を学ぶ人のために』
  • 『戦争論』
  • 10月
  • 『有閑階級の理論』
  • 『世界を変えた野菜読本』
  • 『きらわれものの草の話』
  • 『必携学校小六法』
  • 『不敬文学論序説』
  • 『植民地の中の『国語学』』
  • 『プリズメン』
  • 『電脳遊戯の少年少女たち』
  • 『スポーツとは何か』
  • 『一杯のおいしい紅茶』
  • 『教育法規便覧』
  • 11月
  • 『子どもの権利条約のこれから』
  • 『ジェンダー化する哲学』