2000年03月18日(土曜日)
入学した以上は卒業させなければならない?


 
  追試験の問題を作った。

 今年度は一年生の8名を不合格とした。なにしろどんなつもりで進学してきたのかわからないくらい勉強をしない生徒がいる。学園がどんな考えで入学を許可したのかわからない生徒もいる。国語の期末テストで零点という生徒がいたのにはおどろいた。

 入学の許可は卒業の許可ではない。「高校卒業者に求められる学力と高校卒業をいう資格とを獲得する場として本校を利用すること」を許可したのである。

 だから、入学させたんだから卒業させなければしょうがない、という議論にはくみすることができない。勉強を投げ出している生徒は単位を認めるわけには行かないからだ。

 といっても、落第させるのが目的ではない。努力させることが目的なのだ。この子らが基礎学力を欠いていること、その原因が「態度」や「関心」ばかりを囃したてる「新・学力観」の学校教育の現状にもあること、などと考えると、ともかく懸命に取り組めばなんとかなるように追試問題をつくってやらなければなるまい。

 そんなわけで今回の追試は、「漢字の読み」だけとし、100問中70問以上読めれば合格とすることにした。生徒たちの最大限の健闘を期待したい。