<時間TML> 非常勤講師

2000年03月02日(木曜日)
非常勤講師は私学共済に入れる


 忘暮楼の職場の団交で、非常勤講師の私学共済加入問題が議論されている。

 共済組合員になれる資格はその学校に就職していることなのだが、建て前としては常勤教員であることとなっている。しかし、私学共済組合は、私学の人事の特殊性から、非常勤講師についても、労働時間が一般教員のおおむね75%程度であれば常勤教員と認定できるとしている。

 うちの学園理事長は、「労働時間」というのは、労働基準法の規定では、「拘束時間」から「休憩時間」を除いた時間(所定労働時間)のことだから、もともと休憩時間のない非常勤講師にはなじまない概念だ、とする。さすが弁護士である(^o^)。

 ある非常勤講師が、1時間目に50分授業をし、間がなくて、6時間目に50分授業をした場合の労働時間は100分であって、一般教員の労働時間7時間5分の23%にしかならない、というわけだ。

 ところが、私学共済に照会したところ「私学共済では『労働時間』を『拘束時間』と解釈して適用している」との回答であった。驚異的な解釈であるが、実際の運用の過程でこのような解釈になったようだ。共済にも教員にもいいことだから結構な読み替えである。
 字面だけで解釈しちゃいけないとい好例であった。

 さらに、私学共済は75%以下の非常勤講師についても弾力的に認定して、成るべく組合員を増やす方向で対応している、とは私学共済資格課の見解。

 そんなこともあって、非常勤講師の私学共済加入条件は実際には相当に緩和されている。以下、全国私教連の資料である。愛媛でも是非実現したい。

 
学園名私学共済加入条件
(時間は週当たりの担当コマ数)
京都では
京都橘女子9時間以上
京都明徳12時間以上
京都成華12時間以上
同志社中学12時間以上、週3日以上
洛北中高
大谷中高11時間以上
大阪では
梅花12時間以上
大商学園(条件あり)
箕面自由希望制・週3日以上
箕面学園週3日12時間以上
または4日11時間以上
宜真週4日14時間以上
薫英週3日12時間以上
関西大倉週3日10時間以上
高槻週4日14時間以上
星翔週12時間以上
大手門希望制
淀川女子週3日12時間以上
福島女子週9時間以上
淀之水週12時間以上
成蹊女子週8時間以上
北陽週4日12時間以上
以下省略