2001年 11月19日 月曜日

しし座流星群


 今朝2時から3時まで「しし座流星群」を見物した。雲ひとつない絶好の夜空だった。東にしし座、南にオリオン座・おお犬座・プロキオン、北に大熊座北斗七星、西にカシオペア、天上にふたご座、スバル、…豪華な星座群がそれぞれに位置をしめている。

 仰向けになって観察するための敷物を用意するのを忘れたのが残念だったが、なかなか見ごたえのある流星群であった。近所のスーパーの駐車場に仰向けに寝て、暗闇のなかで「おー、すごい!」「これは大きい!」「来た来た来た!」など口走っていた。

 観測した流星の数は次のとおり。平均すると1分間あたり3個といった感じだが、実際は動きが静かなときとラッシュ時がある。

2:00-2:30→100個
2:30-2:45→100個
2:45-3:00→100個

 大きい流星を火球と呼ぶのだが、私は今回はじめて火球を見た。流星部分が○とか☆とかいった形ではっきり見えて、火球の後ろに「流星痕」を残す。

★ ---------------------------

   ---------------------------

 のようになるわけだ。見事な流星痕がたくさん見れたが中でも、オリオン座の近くにみえた少し曲がった流星痕は数分消えなかった。オオグマ座で見えたものはまっすぐで30秒くらい続いた。

 ぎゃあ、4時だ。さあ寝よう。


へ戻る Contentsへ戻る