2001年 9月30日 日曜日

やれやれ、なんとかパソコン環境を回復!


  イリオモテ朝顔が今日は道から眺められるところにたくさん花をつけてくれた。この朝顔の裏っ側の部屋が亡母の部屋であった。生きていたらこの朝顔を喜んでくれたであろう。

 右側が玄関、左隅にも出入り口がある。これは、母が死んだときに近所の人にお焼香をしてもらいやすくしたいと思っての設計。右の玄関から入って焼香してもらい、左の出口から出てもらうという深謀遠慮であった。自分では親孝行の一種と考えていたのだが世間はどうみるか。

 昼間は愛媛県下の日蓮宗三十数カ寺が一堂に会しての立教開宗(日蓮上人が初めて『南無妙法蓮華経』と唱えた日をさす)七百五十周年記念集会に出た。『南無妙法蓮華経』をのどが痛くなるほど唱えたりもしたがなかなか楽しい集会でもあった。たまたま亡母が親しくしていた老婦人の隣の席であったので久しぶりに母を懐かしく思い起こしたのであった。

 帰ってからパソコンの機能回復に取り組んだ。あちこちの周辺機器メーカーのホームページからWindows2000用のドライバーをダウンロードしては、これをインストールする。すると単なる箱と化していた周辺機器がひとつずつ生き返ってくる。これもなかなか楽しい作業であった。スキャナーとカードリーダーがまだ生き返っていないが、ホームページを作る基本的な環境は回復されたと言えそうだ。


へ戻る Contentsへ戻る