2001年 9月6日 木曜日

撓骨手根屈筋


 糖尿病の悪化(今日でちょうど禁酒一週間目)、胃潰瘍の疑い(胃カメラの結果異常なし)、大腸癌の疑い(来週ロング検査)の三大疑惑?の話しはすでにしたが、実は後二つ故障があった。一つはメイボである。これもカタコリから来るものらしい。眼科で薬をもらって治療していたところ、一週間の治療で本日完治した。

もう一つはサンシンの弾き過ぎによる肘痛。整形外科で見てもらったところ、テニス肘と同じ症状だそうだ。「撓骨手根屈筋(とうこつしゅこんくっきん)」の肘側の付け根に異常が生じてそれがいたみの原因となっているのだそうだ。塗り薬とストレッチで治療中である。


へ戻る Contentsへ戻る