2001年 9月5日 水曜日

胃カメラ


 日赤の人間ドックで何項目か精密検査をするよう指示された。その一つが胃潰瘍の疑い。今日は胃カメラの検査を受けた。この胃カメラ(gastro camera)というのはオリンパスカメラの技師を含む日本人研究グループの発明(1950年)だそうだ。口から胃までは数十センチの距離だから誰でも思いつきそうなものだが、これもコロンブスの卵の類なのであろうか。

 検査の結果はシロであった。来週は大腸カメラの検査を受ける。これははっきり言って大腸ガンの検査である。今度はどうであろうか。


へ戻る Contentsへ戻る