2001年 4月30日 月曜日

安売りの社会は…


 肩がゴリゴリで考える気力がない。気になったことば、後で考えることにして、とりあえず書きつけておこう。

 

安売りの社会は人間の値打ちも安くするんですよ

 西陣で百年続くしにせ『山丹』の三代目、財木孝太さん(56)のことばである。4/29付「しんぶん赤旗」で見つけた。

 中国ネクタイの席捲で「日本のネクタイはあと一年もたない」とも。

 「そうなれば消費者は選択の自由を失う。ふだん無印良品で買い物をする娘さんが彼の誕生日にはいいネクタイを送ろうと頑張る。もらった男性も喜ぶ。そんな文化が滅びてしあわせでしょうか」
と財木さんは嘆くのである。